保育士の資格を取れば憧れの職場で働ける!

子どもが好きなら

保育士の資格を取るにはたくさんの方法があります。学校といっても選びきれないくらいあったり、通信で独自で学んだりといろいろあるので、自分にあった学び方を見つけて資格を習得してください。大変ですがその分自分も大きくなれる仕事です。

国家試験または単位修得で

社会的な需要の高まりから、保育士を目指す人は増えています。資格取得のためには、国家試験に合格する必要があるのですが、知識およびピアノ演奏などのスキルがチェックされることから、多くの人が専門学校や通信講座で学んでいます。また大学などの保育学科で学ぶと、単位を修得することで国家試験の受験が免除されます。

通学にはどんなメリットが

保育士の資格を通学で取得することには、難関である保育士国家試験を受験せずに、資格を取得できるという最大のメリットがあります。また、実際の保育所での実習を通して、リアルな保育を学ぶことが出来たり、就職でのサポートが受けられたりといったメリットがあります。

選ばれている背景

保育園

仕事内容と取得方法

保育士は、幼児を保育することが主な仕事で、資格取得すると免許の更新をせずに済むのです。以前は保母と呼ばれていて、その後の社会風潮や法律改正により保育士に名称が変更されます。選ばれている理由として、幼児たちの成長を日々感じることができたり、男性が進出しやすい環境になってきていることがあげられるでしょう。資格を保持していれば、一生涯働くことが可能で、ライフスタイルに応じて働くこともできるのです。仕事内容は、自立心や感性の育成・基本となる生活習慣を身に付けさせることなど多岐に渡ります。保護者との連絡や文化祭など地域と連携して行うことも、保育士の大事な仕事の1つです。活躍の場として保育所が主であり、母子生活支援施設や児童館などで活躍している有資格者も少なくないです。保育士資格を取得するには、大学などの養成施設にて所定の課程や科目を修了しなければなりません。また、他の方法としては、受験資格を満たした上で保育士試験を受験し通過することが求められます。試験は前期と後期に分かれて実施され、前者は筆記試験・後者は実技試験となっているのです。また、実務経験を有している場合は、合格科目を長期間免除することが可能で、申込時に申請する必要があります。筆記は9科目から出題され、各科目で6割以上正答することが合格基準とされているのです。実技は、音楽・造形・言語表現から2科目を選択し、合格基準は筆記と変わらないです。