保育士の資格を取れば憧れの職場で働ける!

国家試験または単位修得で

保育士

必要な知識とスキル

現在では、都市部を中心とした待機児童問題が深刻化しています。働きたくても、子供預け先がないために、働きに出ることができない人が増加しているのです。そのため保育園や家庭的保育施設などが次々に増設されていますし、それに伴って保育士の募集も盛んに行われるようになっています。つまり保育士にとって現在の日本は、引く手あまたという状況なのです。そのことから保育士になることを目指し、資格取得のために学習する人も増えています。保育士は国家資格なので、取得するためには原則として、国家試験を受験する必要があります。国家試験では、保育士として働くために必要となる社会福祉や心理学、栄養学などにおける知識の有無がチェックされます。また、ピアノ演奏や言語表現などのスキルの高さも、チェックされることになります。これらは、独学では身につけることが困難となっているので、資格取得を希望する人の多くが、専門学校に通ったり通信講座で学んだりしています。いずれの場合も、国家試験合格を目的とした適切な学習ができるのです。また保育士資格は、大学や短期大学の保育系学科で学ぶことでも取得できます。そしてこのルートの場合、指定されている単位を修得できれば、国家試験の受験が免除されます。なぜなら単位は、必要な知識を得ている人や、スキルが一定のレベルに達している人に授けられるからです。つまり在学中に、知識とスキルにおけるチェックが完了するわけです。そのためこのルートは、スムーズな資格取得を希望する人から注目されています。