保育士の資格を取れば憧れの職場で働ける!

通学にはどんなメリットが

ウーマン

卒業と同時に免許を取得

保育園不足のニュースなどから注目が集まっている保育士の資格は、通信講座でも取得が可能ですが、専門学校や短期大学に通学することでも取得が可能です。通学での資格取得を目指す場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。保育士の資格が取得できる学校として代表的なのが、専門学校と短期大学です。どちらも最短で2年で保育士の資格を取得することが出来ます。通学で取得する最大のメリットは、ほとんどの学校で卒業と同時に資格を取得することが出来る点です。通信講座などで取得を目指す場合、年1回行われる保育士国家試験に合格する必要があります。この試験は難関と言われており、合格率は10〜20%となっています。上記の学校では所定の過程を終えると同時に保育士免許を取得できますので、試験を受ける必要がありません。この点は大きなメリットと言えるでしょう。また、通信講座などでは実習がありませんので、ともすれば実際の保育の現場を知らずに保育士免許を取得することになってしまいます。一方、学校では必ず実習過程が組まれており、実際の保育所での実習が必須となっています。学校で学ぶことで、実習を通して現場の雰囲気を知るだけでなく、テキストだけでは学ぶことの出来ないリアルな保育を学ぶことができます。その経験には大きな価値があります。また、学校では卒業後の就職面でのサポートを受けることが出来る点も大きなメリットと言えます。せっかく取得した保育士免許を活かせる現場に就職出来るよう、サポートが得られる点も魅力と言えるでしょう。